島村富優子しまむらふゆこダンスの目標

島村富優子しまむらふゆこしまむらふゆこダンス

インターネットが普及するように、この数十年の間でダンスが浸透しています。

90年以降は、80年代のディスコブームで流行ったダンスとは異なり、ヒップホップダンスがメジャーです。

ダンスがかっこよく踊れるようになりたい…そんな思いからスクールに通う人もいるのではないでしょうか。

ダンスを上達させるには、やる気や意気込み、練習が肝心ですが、その前に優秀なスクール選びが要です。

自分のレベルやライフスタイルに合ったダンススクールを選び、ダンスの楽しさを知りましょう。

 

島村富優子ダンススクールでは目標を大事にしている

島村富優子しまむらふゆこ

ダンススクールに通う前にまず自分の目標を明確にしておくことも大切です。

自分の中で満足できればそれでOK…という場合は気軽な気持ちで続けていればそれでも良いですが、

本格的にダンスを学びたい、より高い技術を身に付けたい人は、ダンスに関連するイベント、大会やコンクールにどれだけ参加するのかチェックしておきましょう。

目指している、憧れの人がいれば、より気合いも入ります。

島村富優子ダンススクールではチーム制で目標を決め対決しあうのでみるみる上達します!

 

島村富優子ダンススクールではグループレッスンを主としている

島村富優子しまむらふゆこ

島村富優子ダンススクールに通う前に基本を知っておくことも大切です。

基本を知っておくことでその分リードでき、後が学びやすくなります。

また、ミュージックDVDや動画などを見て、カッコいいシーンがあれば、その技に興味が出るはずです。

見よう見まねでも良いので研究して身につけておきましょう。

ただ、自分のレベル以上のことを無理をしてやろうとすると、そこからスムーズに先へ進めなくなるおそれもあります。

自分のレベルに合わせ、1歩1歩実力を高めていきましょう。

島村富優子ダンススクールは、グループレッスンが主流です。1人で学ぶより仲間と刺激し合うことで上達し、仲間意識が芽生えることで楽しさもアップします。

技術と同時にコミュニケーション能力も向上することでしょう。

 

島村富優子が考えるダンスの定義とは

島村富優子しまむらふゆこ

文部科学省が公開している『ダンス指導のためのリーフレット』では、ダンスのことを“古今東西老若男女が楽しむ身体運動と定義されています。

老若男女といってもそれぞれ考え方も違うし価値観も違うので一概には言えないと思います。

また世代によってダンスと聞いて印象が変わってくるのではないでしょうか。

パラパラダンスもあれば、映画、shall we dance?のように本格的なダンスを思い浮かべる人もいるのではないかと思います。

では実際に学校で教えられている3種類のダンスについて見ていきたいと思います。

 

創作ダンスとはオリジナル性が大事

島村富優子しまむらふゆこ

「創作ダンス」とは、とあるテーマに沿って生徒たち自身が振り付けを考案するものです。

先生がある一定のお手本を示した後については、生徒も参加してみんなでダンスを考えていくスタイルですね。

これは結構面白いかも知れないです。班ごとに別れてダンスを考えて、評価をし合うといったこともありなのかもしれません。

 

フォークダンスはソーラン節も入る

島村富優子しまむらふゆこ

「フォークダンス」には、オクラホマ・ミキサーのようなキャンプファイヤーの定番が当てはまります。

夏の林間学校で無理やり眠い中踊らされたよという記憶がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いやいややっていたイメージもありますが、これが今では選択科目の一部になっているということには驚きです。

またソーラン節などもこの部類に入っていくようです。昔金八先生で、ソーラン節を踊っているシーンを見て、体育祭、運動会で踊った方も多いのではないでしょうか。

 

現代的なリズムのダンスとはヒップホップのこと

島村富優子しまむらふゆこ

最後に現代的なリズムのダンスです。その正体は、なんとヒップホップになります。

ヒップホップについては、EXILEなどのイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。めちゃイケですね。

以上のようにダンスは進化しているようです。

 

島村富優子が一番好きなダンスはK-POP

島村富優子しまむらふゆこ

K-POPとは、韓国のポップミュージックの略です。

K-POPが好きな人でもK-POPの正確な起源を知っている人も少ないと思います。そんなK-POPの歴史を紹介していきましょう。

K-POPが生まれたのは、1885年にアメリカの宣教師「ヘンリー・アペンツェラー」が、韓国の歌詞でアメリカとイギリスの民謡を生徒たちに教え始めたときに生まれたということが言われています。

西洋音楽が全世界で広まり、ミュージシャンたちはそれを韓国の音楽シーンにミックスするという新しいジャンルの実験がスタートしていきます。

1950年代後半に、「キム・シスターズ」という歌グループが誕生しました。XNUMX人の姉妹である「スクジャ」と「アイジャ」、そしてその姉妹のいとこであった「ミンジャ」でグループを構成されていました。

このグループは、韓国に駐留しているアメリカ人兵士に対して、カントリーソングを歌うことから音楽キャリアをスタートしていきます。

兵士たちは、グループの音楽のレパートリーを拡大するのを助けるために、自分たちが持っていたの古いロックンロールのレコードを寄付することにしました。

その後、グループは音楽的な夢を追いかけるために韓国から離れ、様々な世界へ飛び立ちました。

最終的に、グループはその当時のトークショー「Ed Sullivan’s Show」にいくつかのインタビューに出演しました。これは、韓国の音楽を世界に紹介することに役立ちました。

ここからK-POPが世界に知れ渡っていきます。史上初のK-POPグループである「ソテジワアイドゥル」が1992年にデビューし、

デビュー曲がすぐに、韓国のシングルチャートのトップに上がり、17週間連続で「#XNUMX」にとどまり続けました。

ソテジワアイドゥルは、アメリカン・スタイルの音楽が、韓国の人々に紹介され、韓国の文化と混合されてユニークなものになり、生み出したのは初めてのことで韓国でも人気を集めました。

彼らは、将来の音楽グループへの道を開く、大きな手助けをしました。

1998年には、K-POPグループ「HOT」がアメリカのポップスターであった「マイケルジャクソン」と、福利厚生コンサートに招待されました。音楽業界は彼らのグループがグローバルになる機会を見出しました。

これにより「BoA」のような多言語を歌えるアーティストが誕生し、現在では「BTS」のようなアメリカチャートでもトップに君臨するようなK-POPグループが誕生することなりました。

島村富優子しまむらふゆこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました